DMMBitcoin、480億円相当のビットコインが不正流出被

仮想通貨

約4年に1度行われる4回目の半減期を終えたビットコインが、2024年5月31日(金)13時26分頃、DMMビットコインのウォレットからビットコイン(BTC)の不正流出が発覚しました。

DMMの発表によれば、流出額は4,502.9BTC(約482億円相当)と見られてます。

これに伴い、下記のサービスが緊急停止しており、

  • 新規口座開設の審査
  • 暗号資産の出庫処理
  • 現物取引の買い注文を停止(売却のみ受け付け)
  • レバレッジ取引の新規建玉注文を停止(決済注文のみ受け付け)

DMMBitcoinは顧客資産について、次のようにアナウンスしてます。

お客様の預りビットコイン(BTC)全量については、流出相当分のBTCを、グループ会社からの支援のもと調達を行い、全額保証いたしますのでご安心ください。

日本の法令では、保有分の暗号資産(仮想通貨)と取引所保有分の暗号資産(仮想通貨)を分別管理することが定められている。

DMMBitcoinのセキュリティページでは、

お客様から預託を受けた日本円は、自己資金とは別口座で管理しているおります。

暗号資産(仮想通貨)に関しては、当社保有分とお客様保有分で物理的に分離して管理しております。

お客様資産の95%以上をコールドウォレットに保管するよう、毎営業日ごとにお客様資産を確認し、コールドウォレットの運用を行っています。

と記載されていました。

今回不正流出した4,502.9BTC(約482億円相当)は、以前公表されたDMMBitcoinの事業報告書における、顧客資産の全額相当にあたり、ホットウォレットだけでなく、インターネット環境から遮断されて保管されているはずのコールドウォレットから不正流出した可能性が生じている。

なお、DMMBitcoinでは法令に基づき、顧客から預託された金銭(日本円)については信託保全を行う方法により、DMMBitcoin社の財産とは区分して管理している。

このような事件が起きてもしっかり対応してくれるDMMは安心して今後も取引することができます。

今後もビットコインの価値は上昇することが予想されますので、今からビットコイン取引を始めても遅くはありません。

タイトルとURLをコピーしました